会長挨拶 板垣 啓四郎

ita
                          
 日本国際地域開発学会は,国の内外における自然,経済,社会の開発と保全に関する諸科学を研究し,国際地域開発の進展を図ることを目的とし,会員諸氏の「国際地域開発学」の研究活動を推進する組織として,様々な活動を続けております。
 国連が掲げた「持続可能な開発目標」(SDGs)は、貧困に終止符を打ち、飢餓をなくし、地球環境を保護して、すべての人が平和と豊かさを享受できる社会にすることを目指す普遍的な行動を呼びかけています。私たちもまた、この行動に即して成果を積み上げ、次世代へと続くよう日々献身的な努力を続けていかなければなりません。とはいえ、これら地球上の地域が抱える諸問題は複雑で,その解決には専門分野の研究にとどまらず,さらに総合的,境界領域的な研究の進展を不可欠にしています。本学会は,自然科学,社会科学,人文科学の諸領域からの包括的なアプローチにより、地球的課題に挑戦し,専門を異にする研究者による学際的研究を進めることに特色をおいています。
 本学会は1966年の発足以来,55年におよぶ歴史をベースに,国際地域開発学に関する研究を推進すべく,年2回春と秋に個別報告とシンポジウムからなる大会を開催し、また年3回学会誌を刊行しています。また会員諸氏の優れた研究成果に対して、表彰や奨励を行っています。本学会の性格が総合科学,応用科学であるため,他の専門学会に所属している会員も多数おり,さまざまな場で国際地域開発学の研究を広げ、活躍しています。
 本学会がその特色を発揮し,国際的な視野のもと,国の内外における開発と環境保全に関する学際的,総合的な研究活動をさらにおし進め,研究の成果を広く社会に向けて発信していくことにより,国際地域開発学が大きな社会的役割を果たすことを強く期待しています。




 日本国際地域開発学会歴代会長・副会長 (PDF)



インデックスへ戻る